たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  八王子市 八王子市

2018年12月08日

シミ対策!魔法のシートが開発されたようだけど・・・

NHKの朝の情報番組で、シミを隠すシートが採り上げられました。

まだ、商品化はされていませんが、
皮膚の色に合わせたシートをシミの上から張ることで、
自然の肌と同じようなトーンに仕上がります。

厚さは、1万分の1ミリ?
聞き間違えじゃないと思いますけど、
薄すぎて、イメージがわきません。

実際に頬骨の上に張ったそのシートを、
NHKの女子アナは見つけることができませんでした。

商品化されば、大ヒット間違いなしですね。

シミは、女性にとって大きな悩みの一つです。

とは言いながらも、”今すぐ消したい”と感じるまでに、
かなりの年数が経過しています。

毎日の変化がわかいにくいことや、
痒みや痛みがないことも理由になっています。

顔のシミは、薄いうちはファンデで隠せますが、
何回も塗り重ねて厚化粧に・・・。

コンシーラーも使い方を間違えると、よれや浮きが出てしまいます。
使い方にもコツが必要です。

先ほどのNHKの女子アナは、
頬骨の上に少し大きめのシミができていました。

薄いシミですが、幅5mm長さ1.5cmほどでしょうか。

ファンデ⇒コンシーラー⇒チークの順で、
手入れしているそうです。

毎日のことなので、大変だと思いますが、
さすがに上手なメイクで自然な仕上がり。

でも、一般の方には、なかなか難しいですね。
コンシーラーとファンデの使い方の順番を間違えると、
思った仕上がりにならないことも。

リキッドタイプのファンデの場合、
ファンデ⇒コンシーラーですが、

パウダータイプのファンデを使われている方は、
コンシーラー⇒ファンデの順番がいいようです。

特に、コンシーラーは、塗り広げるのではなく置く感じ。
周りをぼかすことで自然な仕上がりに。


いずれにしても、メイクでシミを隠すのは大変です。

根本的に解決したいけれど、
レーザー治療は、ダウンタイムや費用のことを考えると、
二の足を踏んでしまいます。

治療期間が1年以上もかかることもあります。
一回の施術で終わるわけではありませんし、
肌への負担は結構大きいですね。

皮膚のメラニン色素をレーザーで焼き取るわけですから、
軽いヤケドができるのとほぼ一緒。

さらに、術後もトラネキサム酸などの薬と併用していきますから、
手術をうけるのにも勇気が必要です。

トラネキサム酸で生理が遅れた、
という方の話を聞いたことがあります。

ラネキサム酸は、手術後の止血剤として使われることもある薬ですから、
これを毎日飲み続けるのには、ちょっと疑問も。

シミをあきらめるわけではありませんが、

もとはと言えば、若い時?紫外線に無防備にさらされて、
小麦色に日焼けして喜んでいたツケが今ごろ。

ターンオーバーのサイクルは乱れ、
外出すれば、確実に紫外線の標的に!

かといって、真夏のように日傘もちょっと・・・。
乾燥しやすくお肌のダメージが大きい冬こそ
UVケアしっかりしてから外出したほうが良さそうです。

ますます濃くなるシミを、
少しでも遅らせるために。  




  • Posted by テロメア at 12:30Comments(0)シミケア

    2018年12月06日

    冬の紫外線はシミの原因に!ほっておいても良くならないけど・・・対策は?

    お肌のシミは、アラフォー世代にとって最大の悩みの一つ。
    アラサー世代も同じ?

    シミの原因は、紫外線

    ほど、紫外線対策がおろそかになって、
    さらに、屋外にいる時間も長くなりがちなので、
    シミのリスクがさらにアップ

    シミの部分には、メラニンという色素が集まっています。

    メラニン色素は、皮膚の基底層にあるメラノサイトという色素細胞でつくられ、
    ケラチノサイトと呼ばれる表皮細胞に渡されます。

    このメラニンのおかげで、
    表皮が強い紫外線や外部刺から守られています。

    メラニンが皮膚にとって大事な役割をしているのは、
    とてもありがたいことですが、
    美容にはマイナス


    シミが薄ければ、ファンデーションで簡単に隠すこともできますが、
    濃くなるにつれ、ファンデも2重、3重と重ね塗り。

    不本意ながら、厚化粧の始まりです。
    だんだんと厚化粧になれていくのが怖い!

    周りからは、しっかり見られています。

    だれも、”厚化粧”とは言わないから、
    余計にコワい!

    いざとなれば、コンシーラー
    という手もあるけれど・・・

    シミは、ケアしなければどんどん濃くなって、
    広くなって、数も増えて・・・

    改善しないから、とても厄介です。

    レーザー手術もありますが、

    ●術後の痛み
    ●術後の炎症(軽いやけどと同じ)が治まるまで多少時間がかかる
    ●1ヶ月ぐらいたって一時的に色が濃くなる
    ●程度によっては数回の施術が必要
    ●保険がきかないので自費
    ●再発した
    などの

    意見があるなど、
    思い切って、”やってみる”という気持ちにならない方も多いようです。

    それと、術後のケアを間違えれば、
    手術前より、さらに悪くなることも・・・

    医療機関でも、服用薬を出してくれますが、
    しばらくは、施術部位をガーゼで隠したり。

    再発は、術後のケアが悪いことが原因になっていることが多いようですが、
    ヤケド痕のような施術箇所を見ると、
    そのまま放置もできないようで、つい指で触れてみたり。

    外部刺激そのものが、メラニン生成の原因ですから、
    触るのも良くない!

    せっかく手術したのに・・・

    そもそも手術しても、
    その後の生活環境が変わらなければ、ふたたびメラニンが生成されて、シミが作られるのは目に見えています。

    体質もあるかもしれません。

    そう考えると、シミケアは、
    早い時期からのお手入れが重要ということに。

    もし、できてしまったシミでも、
    今、すぐれた医薬品がありますから、
    早目に飲むことで改善することも多いようです。

    シミ対策としては、
    『L-システイン』ビタミンCが有効なことが知られていますが、

    3類医薬品としてL-システインを最大限配合し、
    さらにビタミンCなどの栄養素を配合したシミに効く医薬品もあります。

    特に、7歳以上の子供、妊娠中・産後のケアにもOKだそうですから、
    強い味方といえそうです。

    いざというときのための情報として、参考まで。  




  • Posted by テロメア at 08:30Comments(0)スキンケア

    2018年12月03日

    紅葉は木々の紫外線対策!お肌のスキンケア、考えていますか?

    メタセコイア

    紅葉というと、”イチョウ”か”カエデ”に関心が集まりますが、
    メタセコイアも結構きれいです。

    ずっしりとした存在感がとても目を引く外来種ですが、
    赤っぽく色づいた細長い葉に、とても繊細な感じを覚え、
    幹との対比に興味を惹かれます。

    紅葉も、だいぶきれいに、と言いたいところですが、
    今年は暖かいせいか、色づきがバラバラ!

    国立駅前のイチョウ並木も、
    緑色、黄金色、黄色など、樹によってかなり違います。
    まっ、これはこれでキレイかな。

    ところで、紅葉は木々にとっては冬支度といったところでしょうか。

    養分を幹に蓄えてから、
    葉を落とすことで、余計な外部からの刺激(特に紫外線)から身を守るそうです。

    紫外線対策というと、夏の代名詞のように思ってしまいますが、
    実は、冬の紫外線もけっこう強いですね!

    冬の紫外線は、夏の3分の1と言われていますが、
    実際に肌が浴びる紫外線量は、冬でもかなり多いようです。

    理由は、しっかり紫外線対策をしていないから。

    油断ですね。

    夏は、お肌のことを考えて、紫外線対策をしっかりしてから外出します。
    でも、これからの季節、対策無しの方が多いんじゃないでしょうか。

    それに、夏だと暑いので、屋外にいる時間も短いですが、
    季節的にも気持ちがいいので、散歩やウィンドウショッピングなど、
    日光にさらされる時間も長くなります。

    その結果、紫外線の照射を浴びる量は夏場よりも多く!

    紫外線には、UVAとUVBの2種類ありますが、
    夏、表皮にやけどするほどの障害を与えるのは、UVBです。

    UVAは皮膚の奥深くにとどいて、
    長く浴び続けることで、シミやそばかすの原因になります。

    すぐに、症状があらわれませんが、
    あとで後悔する原因に。

    さらに、肌が乾燥すると肌 のバリア機能が低下しますが、
    これも、冬、紫外線の影響を強く受ける原因になります。

    冬のお肌のケアは、まずしっかり保湿することから始めましょう。

    保湿したうえで、紫外線対策をすることが大事です。

    アラサー、アラフォーになって後悔する前に、ひとことアドバイスでした。  




  • Posted by テロメア at 18:17Comments(0)スキンケア

    2018年11月29日

    遺伝子操作の双子誕生で思うこと。どこまで許される?

    中国で遺伝子操作をした双子の赤ちゃんが誕生しました。

    まだ、エビデンスが無いので、本当かどうかわかりませんが、
    神の領域に手を付けた、としての非難が世界中から寄せられています。

    遺伝子は、すべての動植物の特性をかたちづくる情報の源です。
    身体的特徴や性格、行動特性など、生まれる前から持っているデータ。

    顔のかたちや、肌の色、髪質や色、目の色、骨格、
    性格、病気、IQも?など々々・・・

    とにかく、人間としてのすべての特徴や能力の基礎データ。
    このデータを書き換えるということは、
    別の生物になってしまう可能性も?

    遺伝子編集をおこなったのは、中国深圳にある南方科技大学の准教授。

    倫理面における中国国内・海外からの非難にもかかわらず、
    壇上から、多少笑みを含み得意満面の表情で、
    経緯を説明する准教授に違和感が・・・。

    生まれてくる子供を、父親からのエイズ感染から守るために、
    エイズに感染しないように、遺伝子操作をおこなったとのこと。

    遺伝子操作の怖さは、改変した遺伝子がもしかすると、
    他の遺伝子に影響を与えるかもしれないということ。

    もっと怖いのは、この遺伝子を引き継いだ生命が子孫を残していったときに、
    子孫にどのような影響があるかわからないこと。

    染色体をピンポイントで操作することにとても驚かされたニュースですが、
    技術的には、それほど難しいことではないようです。

    自分自身の遺伝子を操作して、
    動画にアップしている海外の男性もいます。

    だれもやったことが無い、出来ないことを成し遂げたわけではなく、
    単に、倫理的に踏み込まなかった領域に踏み込んでしまったということのよう。

    もし、遺伝子操作が自由にできるなら、
    モデルさんのような骨格、くっきりした目鼻立ち、
    できれば肥満遺伝子を取り去って、
    髪の毛を増やして、白髪も無くし・・・、
    なんて考えた方、いらっしゃいません?

    せめて、長くカールしたまつ毛程度にしておいたほうが、
    無難???  




  • Posted by テロメア at 21:14Comments(0)遺伝子検査

    2018年11月28日

    あなたのダイエット法!女子力かなりダウンしているかも?

    ダイエットは、男女を問わず永遠の課題かもしれません。

    しかし、その目的を見失ってしまうと、とんでもないことに!

    単純にモデル体型だけを目指してダイエットすると、
    急激で過度の減量が、身体に変調をきたして、
    時には、死にいたることも・・・。

    女子力アップのはずのダイエットが、大きくダウン??

    ダイエットを始めて、しばらくするとリバウンドが起こります。
    当り前のように考えている方も多いと思いますが、
    身体にとっては、危険信号なんですね。

    ”リバウンドを乗り越えることが、ダイエット成功への道”
    なんて言われたこともありましたが、
    実は、さまざまな体調不良のスタートラインに立っていることも。

    リバウンドは、ご存知の方も多いと思いますが、
    身体が脂肪を貯め込んでいく状況です。

    これまでと同じ食事をしているのに、
    なぜ太っていくのか不思議に思うかもしれませんが、
    これが人間のカラダの防御反応なんですね。

    身体が必要とする充分な栄養が入ってこないから、
    将来に備えて、脂肪を貯えておくという反応です。

    ダイエットで痩せることだけが目的の方には”どうして?”と思うかもしれませんが、
    人間のカラダにとっては、ごく自然な活動です。

    ひとことで言えば、”栄養失調の入口”にいるということ。
    ちっとも健康じゃないですね。

    要は、糖質が不足しているから。

    人間が1日に必要とする糖質は、170gと言われています。
    このうち、脳が必要とする糖質が、130g。
    そして、残り40gが、筋肉のエネルギーになります。

    糖質を制限しすぎると、
    筋肉を分解して、エネルギーを作り出していきますから、
    体重が減っているというよりも、正確には筋肉が減っていく、
    と言ったほうが正確かもしれません。

    もちろん、栄養失調になれば、
    簡単に元に戻すのは難しくなります。

    栄養失調になると、次のような症状があらわれます。

    ●肌がカサカサになる
    ●吹き出物が出やすくなる
    ●髪やツメがもろくボロボロになる
    ●月経不順になる
    ●疲れやすくなる
    ●なんとなくダルいetc


    本来、美しく見せるためのダイエットなのに、
    不健康になってしまっては何の意味もありません。

    じゃモデルさんたちは、
    どうやってあの理想的な体型を、健康に維持できるのか、
    不思議に思いませんか。

    一流のモデルさんのなかには、
    主婦でしっかり子育てしながら、独身時代と変わらないプロポーションを維持している方もいらっしゃいます。

    森絵梨佳さん(30歳)、多くの女性誌のモデルとして、とても人気があり、
    出産を経験しながらも、独身時代と変わらず、驚きのモデル体型を維持しています。

    身長 160cm
    体重 43kg
    BMI値 16.8
    ※BMI値((体重÷身長(m)÷身長(m))

    標準的な女性のBMI値は、20~25ともいわれますから、
    かなり低い数値です。

    でもとても健康で、変わらず活躍できているのは、
    きちんとした生活リズムと体調管理をしているからなんです。

    無理な糖質制限はしていません。

    普通の女性が、単純に減量(体重を落とすことだけ)を目的として、
    栄養失調になるようなダイエットを続けているのとは、大きな違いがあります。

    こちらのブログに、森絵梨佳さんの体型管理の秘密を知ることができますので、
    参考にしてみてはいかがでしょうか。
      




  • Posted by テロメア at 13:00Comments(0)ダイエット

    2018年11月27日

    乾燥期のスキンケア!自覚症状が無い人ほど要注意!

    お肌が乾燥する季節になりました。

    今年は、まだだいぶ気温が高くて、一部ではタンポポが咲いた、
    なんてニュースもありました。

    夏場の猛暑を引きずっているわけではないでしょうけど、
    木々のリズムも大分狂っているようです。

    イチョウの葉が色づいて、銀杏がそとそろ落ち始めていますが、
    落ちている葉をよく見ると小ぶりサイズが目立ちます。

    これは、夏場に充分成長できなかった証だそうです。
    なかには、2~3センチ程度のものも。

    暑ければ、木々や植物は元気に育つと思ってましたけど、
    そういうわけでもないようです。

    肌にとって、乾燥する季節を向かえ油断大敵!

    水分量は、夏より10%程度も少なくなりますから、
    これまでカサカサや痒みなどを気にする必要がなかったかたも、
    多少、皮膚に変化が出始めていると思います。

    手の甲の小じわに、その影響が出ていませんか。

    暖かくなってくれば、またしわがのび始めて、
    来夏には適度に水分を含んだ健康な肌がよみがえってきますが、
    年齢とともに乾燥期のケアがポイントになります。

    肌の水分量は、多分、感覚的に捉えている方が多いと思いますが、
    自分の感じ方と、実際の水分量とはかなり差があることも多いです。

    理想的な水分量は、約45%と言われていますが、
    部位によっても差があり、腕や顔は他の部位と比べて、
    5~10%も低め!

    普段、外気にさらされているからでしょうね。

    部位によって、ケアの仕方も変わってきますし、
    痒みなどの症状が出やすい部位とも関係してきます。

    水分量が20%ぐらいになると、
    体感的にもかなり症状が出るのかな、と思ってましたけど、
    20%程度の水分量の方でも、まったく自覚症状が無いかたもいらっしゃるようです。

    ちょっと、信じがたいですが、
    痒みなどのストレスを感じないですむかもしれませんが、
    手入れが遅れることにもなりかねません。

    敏感肌や乾燥肌の方は、早目のケアをするでしょうけど、
    普通肌や健康な状態の方は、意識的に早めの手入れを始めたほうがいいかもしれません。

    とりあえず、皮膚を乾燥させないように、
    シャワーを浴びたら、出来るだけ早く保湿剤を塗っておくことで、
    乾燥期を乗り切ることができると思います。

    保湿クリームは、安価なものでも充分です。
    というのは、きちんとしたケアのために併用もできますから、
    まず、皮膚を保護しておく、といった感じ。

    私の場合、アレルギー症ですが、
    この時期から使い始めておくと、
    ほとんど痒みなどで苦労することなく、
    春を迎えることができています。

    参考まで。











      




  • Posted by テロメア at 09:59Comments(0)スキンケア

    2018年09月08日

    ヒト幹細胞培養液コスメは最新だけど・・・コンドロイチンも進化!

    年齢とともに肌はカサカサになって、
    AYA世代のような輝きがどんどん失われていきますけど、
    毎日の変化では気づきません。

    シミやシワがポツンと出てきても、最初のうちはそれほど気にもなりません。
    ”あっ、こんなところに・・・”程度。

    でも、その数が増えて、面積も広がってくると、
    あせりが出てきた、鏡を見るたびに、まず初めに視線がいくのが、
    シミやシワの目立つところ。

    もっと早くからケアしておけばよかった、なんて思っても今さら戻れませんよね。
    さいわいなことに、化粧品の開発はおどろくほどの進化をとげてきましたから、
    アラフォー世代でも、多少希望が持てるようなコスメがでてきました。

    最先端の技術から生まれたコスメは、「ヒト幹細胞培養液」かもしれません。
    ヒトの繊維芽細胞や表皮幹細胞などにはたらきかけて、
    細胞を活性化し、細胞の増殖を促して、お肌の組織を再生するはたらきがあります。

    植物や動物の幹細胞培養液とは違って、ヒトの幹細胞のレセプターに、
    情報伝達物質である成長因子やサイトカインなどが直接結びつくことができるからです。

    植物や動物の幹細胞培養液には、このレセプターに結合する物質が含まれていませんから、
    ヒト幹細胞培養液ならではの効果といえます。

    皮膚の再生が促進されるわけですから、
    簡単に言えば、ターンオーバーのサイクルが短くなる、ということ。

    40歳なら、通常、ターンオーバーサイクルは60日ですが、
    それが短縮されることで、早くお肌が再生!

    素晴らしい!と手放しで喜びたいところですが、
    ちょっとわからないのが、テロメアとの関係。

    細胞には寿命があって、自分のコピーを作る、つまり新しい細胞を作るたびに、
    そのテロメアが短くなっていきます。
    ターンオーバーサイクルが早くなるということは、
    細胞の最終的な寿命が短くなるということ?

    その点に、ちょっと不安が残ります。
    いずれ、使うときがくるかもしれませんけど、
    もう少し様子見。
    アメリカでは、1兆円市場とか・・・。

    お肌のケアには、もう少しソフトなアプローチがたくさんあります。

    ポイントは、
    ○皮膚に水分を与えること
    ○水分が逃げないようにすること

    この2つが実現するだけでも、かなり肌質は改善します。

    肌をぷるぷるとハリがある状態に保つ成分としては、
    ヒアルロン酸が有名です。

    ヒアルロン酸は真皮の部分に多く存在しますが、
    同じく多くの体内組織で、保水性と潤滑性を担っているのが、
    コンドロイチンです。

    コンドロイチンは、タンパク質と結合して、ブラシのような毛状の姿をしているそうです。
    この1本1本の毛状の組織はマイナスに帯電していて、互いに反発することで隙間をつくります。

    その隙間に、水の分子が引き寄せられて、多くの水分を貯めることができるわけです。
    つまり、コンドロイチンは貯水タンクのような役割をしています。

    お肌の弾力の元になっているコラーゲンに、水分や栄養分を供給できるのは、
    コンドロイチンがあるからといえます。
    また、老廃物を蓄えた水分で排出する役割もあります。

    高純度のコンドロイチンが、長い歴史を持つ製薬メーカーによって開発されていますが、
    「イオナ。わたしは美しい」のキャッチコピーで、
    1970年代に全国的に話題となった化粧品のリニューアル版にも配合されているそうです。

    イオナといえば、親あるいは祖母の世代からのスキンケアとして親しまれてきましたが、
    まさか、最新成分を配合したリニューアル商品があったとは知りませんでした。

    ロングセラーの商品だと、安心感でちょっとほっとします。
    年のせいかも。  




  • Posted by テロメア at 22:22Comments(0)スキンケア

    2018年09月07日

    大停電!生活の知恵と機転が助けに・・・ジムの活用?

    先日、停電していた大阪の知人と話をしました。

    “冷蔵庫の中身が全部ダメ”
    “水シャワー”
    “スマホの充電に苦労”
    “エアコンがダメ”

    すべてに電気が使われていますから、
    停電になったら、家の中は完全に機能停止!

    なんといっても、テレビが点かないから、
    ニュースはラジオが頼り。

    まさか、長時間の大規模停電になるなんて想定していませんから、
    非常用の食糧は準備していても、“電気をどうする?”なんて想定外!

    スマホにしても、一度の充電でせいぜい2日程度しかもちませんから、
    頼りない限りです。

    知人の場合、
    たまたま、通っていたジムの復旧が早かったので、
    シャワーをジムで浴び、その後3時間程、エアコンの効いた部屋で休憩していたそうです。

    冷蔵庫の食糧は、もちろんすべて廃棄!
    普段から備蓄?している女性なので、かなりの損害が出たそうです。
    商店や飲食店などの冷蔵品などの損害と比べたら、
    金額的には、大したことないと言われそうですが、
    主婦にとっては、大損害ですね。

    ところで、停電後、近くのコンビニへ食糧品を買いにいったそうです。
    停電していますから、当然、アイスクリームなど冷凍品は売り物になりません。

    アイスコーヒー用の氷も解けだしている状況だったそうですが、
    アイスコーヒー用の氷を、その場にいた客に全部配ったそうです。

    私の知人も、氷が入ったカップを7個ももらいました。
    そのまま置いておいても、水になってしまうだけですし、
    電気が点かないから、コーヒーサーバーも動きません。

    たぶん、よほど機転が利く店員だったのでしょう。
    後から話を聞くと、“なるほど”と思いますが、
    咄嗟の判断で機転を利かすことが出来る店員さんは、少ないと思います。

    その氷、どうなったかというと、
    ご主人が、グラスに入れ、ビールを注いで飲んだそうです。

    他の使い道も考えられないので、仕方ないですけど、
    男って、こんなものなんでしょうか・・・。
      

    タグ :停電



  • Posted by テロメア at 23:04Comments(0)日記

    2018年08月25日

    『コーヒーダイエット』壇蜜さんもはまったことがあるようだけど・・・

    コーヒーダイエット
    名前を聞いたことがある方が多いと思いますが、
    コーヒーだけでダイエットするというより、
    日常の嗜好品として飲むことが、結果的にダイエット効果につながっている、
    と考えたほうがいいかもしれません。

    上品なエロスが人気の壇蜜さんも
    このコーヒーダイエットをやっていた時期があったそうです。

    週刊誌の記事によれば、
    正確には、アイスコーヒーダイエット!

    アラフォー世代の仲間入りの壇蜜さんが、
    25~26歳のときだそうですから、
    もう10年以上も前でしょうか。

    なんでも、壇蜜さんがアイスコーヒーダイエットを始めた理由は、
    彼氏の一言がキッカケだったそうです。
    “尻の大きさを何とかしろよ”
    キツイですよね。

    尻の大きさをなんとかしろ、
    といわれても、脂肪だけで膨らんでいるわけじゃないし、
    そもそも骨盤の大きさはどうしようもない。

    でも、壇蜜さんとしては、当時大好きだった男に言われたら、
    そのまま放置しておくことはできなかったようです。

    壇蜜さんのバイト先や友人の間でも、
    アイスコーヒーのダイエット効果が噂されはじめていたころだったようですから、
    “楽して痩せる”という単純な図式にのったかたちでしょうか。

    アイスコーヒーダイエットのやり方は、
    次のようなものだったそうです。

    ●毎食前にブラックアイスコーヒーを2杯飲む
    ●1杯が約200mlなので合計400ml

    まあ、寝ている間に蒸発した水分の補充と考えれば、
    適量でしょうか。
    壇蜜さんは、苦い苦いと文句を言いながらも続けたようですが、
    シャッキリ感より先に胃もたれが先にきたそうです。

    体質に合わなかったと見えて、
    排泄も大小とも頻繁になり、結果的には、
    食あたりでわずかに痩せる、ということになったとのこと。

    今では、壇蜜さんとアイスコーヒーの関係は、
    ダイエットではなく、
    “喉が渇き、眠気も催し、牛乳や甘味などのアレンジ自在の環境にあるなか”
    での限定的な付き合いだそうです。

    そもそも、コーヒーなどの嗜好品は、
    気分を切り替えたいときや、シャキッとしたいとき、食事のときなど、
    シチュエーションによって、好みの飲み物をいただくものと考えていますから、
    それほど大量に飲めるわけもなく、
    ダイエットとして活用するのは、ちょっと私には無理でしょうか。

    でも、毎日、3杯前後は飲んでいますから、
    結果的に、ダイエット効果が出ている?

    ちなみに、コーヒーがダイエットに効果があると言われているのは、
    ●カフェイン
    ●クロロゲン酸

    この2つの成分が関係しています。

    カフェインは、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンの分泌を盛んにして、内臓脂肪が分解する働きがあります。

    クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種ですから、血糖値の上昇を抑え、脂肪燃焼を助けるだけでなく、活性酸素を取り除いて老化予防などの効果も期待できます。

    クロロゲン酸は、今注目されている成分ですが、高い温度に弱いので、できるだけ浅煎りの豆を使ったコーヒーがおススメです。

    つまり、アメリカンコーヒーをブラックで!ということ。
    これは、おいしく続けてます。
      




  • Posted by テロメア at 12:38Comments(0)

    2018年08月24日

    「あさイチ」馬場典子さんの美肌と健康の秘訣は、「キムチ」?

    NHK「あさイチ」などに出演しているフリーアナウンサーの馬場典子さん、
    彼女もアラフォー世代で、さまざまなところで忙しく活躍しています。

    もともと日テレのアナウンサーでしたが、フリーになってから、
    大阪芸大の教壇にも立つなど、ますます忙しくなっているようですが、
    あのバイタリティーはどこからくるのでしょう。
    気になっていたら、馬場典子さんの食生活の秘密が週刊新潮に載りました。
    7月最終週の1週間をレポートしたもので、あの酷暑のなかでの食生活、
    とても興味深い記事でした。

    パワーの源を垣間見たような。

    馬場さんは、お酒が好きなようで、
    7月下旬、サントリーがLINEでライブ配信している番組にMCとして出演してました。
    ゲストには、東貴博さんなど。

    週刊誌の「私の週間食卓日記」によれば、
    このライブ配信のせいもあるようですが、
    1週間、お酒を飲まなかった日は無かったようです。

    ”週1回は休肝日”と言われますが、そんな常套句とは無縁の食生活かもしれません。
    栄養管理士は、馬場典子さんへのアドバイスのなかで、
    ”飲まなければいられまう心持ちと言うか、ストレスが残っているのかもしれない1週間だった様子”
    とコメントしています。

    それにしても、タフですね。
    あのバイタリティの源が、食生活にあるのは確かです。

    LINEライブで配信された「金麦の夏」は、
    花火を見ながらの配信。

    その日の昼の食事メニューは、次の通り。

    ●鰻巻(うまき)
    ●肝焼き
    ●白焼き
    ●干物
    ●一本うな重
    ●肝吸い

    なかなかのボリュームです。
    白焼きは、お酒との相性がぴったりですけど、
    私は、昼のランチタイムで食べたことはありません。

    鰻のフルコースですが、
    スポンサー負担なんでしょうけど、
    これが納まる胃袋にも感嘆!

    でも、これくらいパワーをつけないと、
    あのエネルギッシュな活動量はもたないのかもしれません。

    馬場典子さんの”腸とお肌の健康の秘訣”は、
    「キムチ」だそうです。

    ある日の朝食には、空港で購入したキムチ納豆巻きが・・・。
    ”朝からキムチ”は、日常茶飯事とのこと。

    腸とお肌の健康のために専用ケースで常備しているようです。
    食欲がすすむのが分かります。
    それに、ビールやワイン無しではいられないかも。

    いずれにしても、食がパワーの源泉であることを裏付けるような馬場さんの1週間、
    少しだけ参考に・・・。
      




  • Posted by テロメア at 12:50Comments(0)美容